1. ホーム
  2. ヒノケンの家づくり

ヒノケンの家づくりStyle

ヒノケンは
設計図を起こし直す
手間を惜しみません。
実際に設計に入る前に、お客様とじっくりお話をさせていただき、
家族構成や生活スタイルはもちろん、ご家族の趣味やこだわりなどを細かく把握し、設計に反映させます。
設計図は何度でも引き直します。
当然の事ですが、ヒノケンは設計図を起し直す手間を惜しみません。
ここに手間と時間をたっぷりかけることが、結果として住んでからの満足度と快適を高めることを肌で感じているからです。
「一番大切なものは何ですか?」
じっくりお話ししながら住まいづくりを考えましょう。

#1/家づくりのスタンス「地域貢献」

ヒノケンは家づくりの会社です。一棟一棟、真心を込めて創っています。でも、家を建てることだけが全てとも思っていません。私たちが一番大切にしていること、それは「地域貢献」。この地に根ざした企業として住まいも、人も、地域も、イキイキと元気に暮らせる社会を目ざします。
お客様にとっても、地域にとっても、かけがえのない財産となるような家を建てたい。建てて終わりではなく、建てたあともずっと世代を超えていつまでも長く快適が続いていく家をつくりたい。
そのためにヒノケンは、お客様とじっくり向き合いながら空間(家のカタチ)・性能(家の心地良さ)・ライフスタイル(家への思い)を大切にデザインしています。

#2/ヒノケンのHYBRID ECO工法

ヒノケンのHYBRID ECO工法

ヒノケンの家は、人にも地球環境にも優しい高性能住宅が大前提。省エネがここまで重視される以前の創業当時から、私たちは高気密・高断熱や温熱環境にこだわった家づくりに取り組んできました。
その中で独自に開発したのが、ヒノケンの「HYBRID ECO工法」です。冬の暖かさはもちろん、暑い夏も過ごしやすく、冷暖房エネルギーを最小限に抑えながら、快適を追求しています。
完成時に快適でも、それが持続しなければ意味がありません。

ヒノケンが初めて手がけた、築27年ほど経った家の例を紹介しましょう。この家は、生活スタイルの変化を機にリフォームすることになったのですが、その際に建物状態を調査したところ、断熱材にはカビひとつ見当たらず性能に影響するような劣化は認められませんでした。つまり、27年という長い年月を過ぎてもヒノケンの家の住宅性能が変わらなかったことを証明できたのです。

ヒノケンのHYBRID ECO工法

#3/ヒノケンの技術が生み出す高気密・高断熱の性能

宮城県の次世代省エネルギー基準との比較

宮城県の次世代省エネルギー基準との比較

C値・Q値・U値ともに各県ごとに基準が決められており、ヒノケンは創業間もなくから住宅の性能にこだわり、この数値を満たした家をつくり続けています。
ヒノケンのHYBRID ECO工法はこの基準をさらに上回る数値を示します。

宮城県の次世代省エネルギー基準との比較

宮城県の次世代省エネルギー基準との比較

HYBRID ECO工法の高気密・高断熱は外気温が変化しても、家の中は一定の温度に保たれます。

ZEHの取り組み

高い断熱性や住宅設備機器の省エネ性により、消費するエネルギー量を減らし、消費した量と同量以上のエネルギーを太陽光発電システムでつくり出し、あまった電気はしっかり貯めるかのがゼロ・エネルギー住宅。
これからの住まいづくりのゴールともいわれ、2030年には一般的な新築住宅をゼロ・エネルギー住宅にすることが目標とされています。
ヒノケンでは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅の普及に取り組み、少しでも今後の地球環境に貢献できるようZEH住宅の普及に取り組んで参ります。

#4/ヒートポンプシステムを採用

自然の力を利用した環境負荷の少ないヒートポンプエアコンや給湯器は今や家づくりの常識といえるほど、普及してきました。
しかし、ヒートポンプシステムを使うことがエコと直結するとは限りません。
ヒノケンのHYBRID ECO工法は高断熱・高気密で住宅そのものの性能を高めた上でエネルギー効率の良い省エネ型のヒートポンプ設備を導入して住まい全体の消費エネルギーを削減します。

実際のプランニングでは、

  • 建物の規模、間取り
  • 空間デザインとのバランス
  • お客様の希望するライフスタイル
  • ご予算

に配慮しながら、それぞれのお住まいに最適なヒートポンプ設備をご提案します。

#5/パッシブ設計

パッシブ設計

できるだけエネルギーを使わない家づくりは、HYBRID ECO工法のほかに「パッシブデザイン」も大きなポイントとなります。パッシブデザインとは、エアコンなどの設備や特別な装置ではなく太陽の光や風など自然の恵みを上手に活用できるよう設計による工夫によって心地良い住まいをつくること。そのためには「土地を読む」ことが欠かせません。
ヒノケンでは建築地の方角や風向き、周辺にどんな建物があるかなどその土地の条件や環境に適した省エネ住宅をデザインいたします。

  • 深い軒や庇による日射コントロール(夏は日射を遮断、冬は日射をとりこむ)
  • 自然の風が通り抜ける窓配置
  • 天窓や高窓を用いた効率的な採光

#6/リフォーム

リフォーム

家族の歴史と共に、住まいに求める機能も変化していきます。ヒノケンでは、小さな修理・修繕から大規模なリノベーションまで、あらゆるリフォームニーズにお応えしています。当社が手がけた一般住宅はもちろん、既存の中古住宅、マンション、店舗、ビルなどさまざまなリフォーム実績がありますので、お気軽にお問い合わせください。

ヒノケンの価値再生リフォーム

ヒノケンではリフォーム・リノベーション、いろいろなご要望にお応えしております。築50年の住宅からRCマンションまで…

詳しくはコチラ