HOUSINGコンセプト・設計デザイン

Architecture・Performance ヒノケンの建築と住宅性能

主な性能や仕様

高断熱・高気密

「HYBRID ECO工法」によるダブル断熱を採用し、創業当時から1棟ごとに気密測定を実施。断熱性を表すUA値(外皮平均熱貫流率)、気密性を表すC値(隙間相当面積)とも、宮城県の次世代省エネルギー基準をはるかに上回る数値を標準としています。

オール電化

ヒノケンは1995(平成7)年、宮城県の工務店でいち早くオール電化を導入しました。当時から採用していたヒートポンプ式のエアコンやパネルヒーター、給湯器は、今や家づくりの常識といえるほど一般化しています。当社は「HYBRID ECO工法」で住宅そのものの性能を高めた上で、エネルギー効率の良い省エネ型のヒートポンプ機器を導入することで、住まい全体の消費エネルギー削減を図っています。

温熱環境計画

ヒノケンでは、自然の力を利用した環境負荷の少ないヒートポンプ式の壁掛けエアコン、床下エアコン、パネルヒーターを推奨していますが、個々のご要望や事情によってガス式や灯油式の暖房器具、薪ストーブやペレットストーブの導入にもご対応いたします。いずれの場合も建物の規模や間取り、空間デザイン、お客様の思い描くライフスタイル、ご予算など、さまざまな側面に配慮しながら、各お住まいに最適かつ効率的な温熱環境をプランニングいたします。

24時間換気システム

当社は「第一種換気システム」と「第三種換気システム」のいずれにも対応しています。第一種換気は、新鮮な外気を取り込む給気と、汚れた室内の空気を外に出す排気の両方を機械(ファン)で行うシステムです。一方、第三種換気とは、排気にのみ機械(ファン)を使用し、給気は各部屋に設けられた給気口から自然に取り込まれるシステムです。それぞれに一長一短がありますので、その説明も含め、住まう方のライフスタイルやご予算に合わせてご提案しています。

長期優良住宅

長期優良住宅は、長く安心・快適に暮らせる高品質な家の証。「劣化対策」「維持管理・更新の容易性」「維持保全計画」「耐震性」「省エネルギー対策」「居住環境への配慮」「住戸面積」「可変性」「高齢者等対策」の9つの認定基準を満たした家が認定されます。これにより家の資産価値が高まるほか、さまざまな税制面のメリットを受けることができます。ヒノケンはすべての家において、社内で手続きをして長期優良住宅の認定を取得しています。

耐震等級3

耐震等級は、住宅品質確保促進法(品確法)によって定められている住宅性能表示制度の中の基準の一つ。その中の最も高いレベルが「耐震等級3」で、震度6強~7の大地震が起きても軽い補修程度で住み続けられる性能・耐震強度水準であるとされます。当社では、品確法よりもさらに高い安全性能レベルを誇る建築基準法にのっとった許容応力度計算を自社で行い、すべての家で耐震等級3を取得。家族の命を守る安心・安全な住まいをお届けしています。

ヒノケンの家の標準仕様

屋根 ガルバリウム鋼板
外壁 ガルバリウム鋼板or塗り壁
断熱 壁   /ウレタンパネル105㎜+40㎜
基礎  /スタイロフォーム50㎜
屋根  /ウレタン吹付250㎜
玄関ドア/断熱ドア
窓   /トリプルガラス樹脂サッシ
床材 ナラ無垢フローリング
壁・天井 クロス・塗り壁 など
暖房 エアコン(壁付け・床下)、パネルヒーター、薪ストーブ・ペレットストーブ など
換気 第一種換気システム・第三種換気システム
キッチン システムキッチン・造作キッチン

CONTACTお問い合わせ & 資料請求

メールフォームはこちら

ヒノケン